その他

脱毛ラボホームエディションをほくろやシミに使うとやけどをする?やけどをしないための3つの方法

  • 脱毛ラボホームエディションをほくろやシミに使うとやけどをする?
  • やけどをしないためにはどうすればいい?
  • もしやけどをしてしまったら?

脱毛サロンのような脱毛が自宅でできると評判の脱毛ラボホームエディション

「自分で気軽に脱毛ができる」という点もポイントが高いですよね。

脱毛ラボホームエディションはサロン並みに本格的な光脱毛なのですが、ほくろシミがある場所に使うことはできるのでしょうか。

「光脱毛は色素が濃いところには使えない」と言われているので、自分でほくろやシミなどに使ってやけどをしてしまわないか心配ですよね。

そこで今回は、脱毛ラボホームエディションをほくろやシミに使うとやけどをしてしまうのかについてご紹介します。

やけどをしないための方法や、やけどをしてしまったときの対処方法なども合わせてお伝えしていきますので、脱毛ラボホームエディションを使う前にぜひチェックしてくださいね。

脱毛ラボホームエディション公式サイト

脱毛ラボホームエディションをほくろやシミに使うとやけどすることも

脱毛ラボホームエディションは、ほくろやシミに使うとやけどをする可能性があります。

ほくろやシミの状態にもよるので、「使ったら絶対にやけどをする」というわけではありませんが、お肌を痛める可能性が高いので注意が必要なんです。

レーザー脱毛も光脱毛も、照射する光はメラニン色素に反応します。
具体的には、ほくろにメラニン色素が含まれているため、光は、そのメラニン色素に反応してしまい、熱を発してしまいます。
そうなると、ほくろの部分がやけどをしてしまう危険性もあるのです。

引用元:脱毛ラボ

脱毛ラボホームエディションは光脱毛なので、光がほくろやシミのメラニン色素に反応して発熱します。

その熱でやけどをしてしまう可能性があるんです。

ホームエディションはシミの箇所にも使用できますか。
---------------
シミの箇所は避けてご使用ください。

引用元:脱毛ラボホームエディション公式

脱毛ラボホームエディションの公式サイトでも、シミの部分は避けるようにとの回答があります。

ほくろやシミは誰にでもあるものなので、やけどをしないように気をつけたいですね!

脱毛ラボホームエディション公式サイト

ほくろやシミでやけどをしないための3つの方法

脱毛ラボホームエディションをほくろやシミに使うとやけどをする可能性があるということがわかりましたが、やけどをしないためにはどうすればいいのでしょうか。

やけどをしないためには、次の3つの方法があります。

やけどをしないための方法

  1. 避けて照射する
  2. 白いシールを貼る
  3. コンシーラーやポスカを塗る

ひとつずつご紹介しますので、好きなものを試してみてくださいね!

①避けて照射する

一番手軽なのは、ほくろやシミを避けて照射するという方法です。

ほくろやシミなどの色素が濃い部分に使わなければ、もちろんやけどをすることはないですよね。

ただ、ほくろやシミが少ない方には向いているのですが、数が多い場合はちょっと難しいかもしれません。

あと、保護シールが無かったのですが、黒いゴーグルをつけて、よく見えない状態で照射するので、ほくろや傷を避けるのに必死でした ^ ^;
保護シールも同封して下さると嬉しいです。

引用元:楽天みんなのレビュー

こちらの口コミにもあるように、光脱毛は目を保護するために黒いゴーグルサングラスをかけて使うので、ほくろやシミが見づらくなってしまうという心配があります。

ほくろやシミの数が多い場合、見えにくい状態で避けながら照射していくのは大変ですよね。

「ちょっと難しいかも…」という方には、他の2つの方法をおすすめします!

②白いシールを貼る

3つの方法の中で一番おすすめなのが、この白いシールを貼る方法です。

ほくろやシミなどの照射したくない部分に白いシールを貼っておくと、その部分には光が当たらないのでやけどの心配がありません。

脱毛を始める前にあらかじめシールを貼っておけば、ゴーグルやサングラスで見えにくくなっても問題ないですよね。

100円ショップや文房具コーナーで売っている、白くて小さめの丸いシールが使いやすいのでおすすめです。

また、ほくろ部分は他の方も書かれている通り光が当たると火傷のようになるので、文房具の丸形シールでの保護が必須です。
私は100円ショップで買いました。白がおすすめです。

引用元:楽天みんなのレビュー

こちらの方も、100円ショップの白い丸型シールを使っているそうです。

③コンシーラーやポスカを塗る

シールを貼るの代わりに、ほくろやシミにコンシーラーやポスカを塗るという方法もあります。

コンシーラーやポスカを塗ると黒い色が隠れるので、光が反応してやけどをするという心配はなくなりますね。

こちらの方は、ほくろとシミに白いポスカを塗っているそうです。

レベル5で、vio熱っ!!という感じだったので、保冷剤で冷やしながらでしたら、全然痛くなかったです。腕、足はレベル5で大丈夫でした。
ほくろ、シミにはポスカの白色塗ってやってます。

引用元:楽天みんなのレビュー

ほくろやシミの大きさに合わせて、塗る量や面積を簡単に調節できるのがメリットです。

ただし、コンシーラーやポスカは液体状なので、脱毛器や服などにつかないように気をつけてくださいね!

脱毛ラボホームエディション公式サイト

やけどをしてしまったときの対処方法

脱毛ラボホームエディションでやけどをしてしまったときは、どうすれば良いのでしょうか。

お肌に異常を感じたら、まずはすぐに冷やしてください。

流水や氷、保冷剤などで、やけどをしたところをしっかりと冷やして様子を見てくださいね。

軽いやけどなら冷やすことで落ち着きますが、もし痛みが続くときは病院に行くことをおすすめします。

ひどいやけどになると、水ぶくれになったり、やけどの痕が残ってしまったりすることもあるので、くれぐれもご注意くださいね。

脱毛ラボホームエディション公式サイト

まとめ

脱毛ラボホームエディションは光脱毛なので、ほくろやシミに使うとやけどをしてしまうことがあるので注意が必要です。

やけどをしないための方法として、次の3つをご紹介しました。

  1. 避けて照射する
  2. 白いシールを貼る
  3. コンシーラーやポスカを塗る

中でも、100円ショップで手軽に買える白いシールを貼る方法がおすすめです!

もしやけどをしてしまったら、すぐに冷やして様子を見てください。

痛みが続く場合は、我慢しないで病院に行ってくださいね。

脱毛ラボホームエディションの詳しい情報は、こちらの公式サイトからチェックできます。

脱毛ラボホームエディション公式サイト

-その他

© 2021 脱毛ラボ大陸

\電子決済で5,000円OFF!/
脱毛ラボホームエディション公式サイト
詳細はこちら
\電子決済で5,000円OFF!/
脱毛ラボホームエディション公式サイト
詳細はこちら